組織のバランス
 組織の基本構造
 人事システム〜採用〜
 マネジメント
 マニュアル
 それぞれの役割
 社員の意識
 リーダーがすべき事
 リスクマネジメント
 離職の損失


組織

何かをする為に集まった人たちが、効率的・効果的に事を成し遂げる為には
その集団を動かすための仕組みや仕掛けが必要になります。

誰が何をやるのか分担や分業を決める、
その個々に与えられた仕事を行うためにはコミュニケーションが上手くいかなければ、効率的に動くことが出来きません。
構成メンバー、ルール、利益が上がった場合の分配など
集団を動かすための複合的な仕組みや仕掛けを作ることが『組織』を作るという事です。

大きな会社であろうが小さな会社であろうが、
経営者やそれを支える人間が同じ方向に向かい、掲げた目標を達成させるためには
経営者だけではなく、その下で働く人間も目標達成のために生き生きと働ける環境を作る必要があり
その舵取を 間違えると業績は悪化し、働く人間関係もこわしてしまう事にもなりかねません。
会社組織を潤滑に動かすためには
複合的に長期的な事を視野に入れた事業戦略が必要になります。

会社組織の在り方や、その仕組みを作るにはどうすれば良いかを考えて行きたいと思います。


 更新情報

■2013/05/23■離職の損失
■2013/04/26■リスクマネジメント
■2013/04/26■リーダーがすべき事
■2013/04/23■社員の意識
■2013/04/23■それぞれの役割
■2013/03/14■マニュアル
■2013/03/14■マネジメント


©会社の組織について考える All rights reserved.